最新記事一覧

ハイレバレッジで取引可能

グラフ

国内fxとの違い

さまざまな投資手法の中でも手軽に取引できるfxは、サラリーマンだけでなく主婦や学生の間でも人気が高まっています。実際に外国為替取引を行う際に利用するfx会社には、国内に本社を置く業者と海外に本社を置く業者の2種類があります。資金が全額補償される信託保全を重視して国内fx会社を通じて取引をする人も少なくありませんが、国内fxはレバレッジ規制を受けるため証拠金の25倍までしか取引ができません。こうした規制が適用されない海外fxでは数百倍から最大数千倍のレバレッジを効かせた取引ができるため、少額の資金で多額の利益を出せる可能性があるという点は見逃せません。低いレバレッジ倍率でしか投資できない国内fxの方が、海外fxよりも過剰投資のリスクが小さく安全性が高いという評判もあります。実際には海外fxでも多くの業者が追証ゼロサービスを採用しているため、外国為替相場がどのように変動しても証拠金以上に損失が発生しない仕組みです。このような評判の食い違いが生じているのも、国内fxと海外fxとの注文方式の違いと無関係ではありません。国内fxは投資家の取引注文をfx会社が呑むOTC方式を採用しているのに対して、海外fxは単に注文を仲介するだけのNDD方式です。例えば宝くじは外れくじの分の購入代金はくじを発行するする銀行などの利益となりますが、国内fxもこれと似ていて投資家とfx業者との利益関係は一致しません。海外fxは投資家の得た利益の一部を手数料としているため、投資家が大きく儲けられるようにボーナスやハイレバレッジなどの好条件を提供しているのです。国内fxよりも少ない資金でより多くの利益が狙える海外fxに乗り換える際には、fx会社の評判を事前にチェックすることも欠かせません。評判に直結する信託保全の有無はもちろん、資金力や運営期間といった点も海外fx会社の信頼性を判断する1つの基準です。